スポンサーサイト

  • 2013.11.13 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    都市革命・公有から共有へ

    • 2007.05.14 Monday
    • 17:45


    『森と農地をつぶして都市が拡がっているのは、先進国だけでなく、発展途上国も同じなのである。都市化によって地球の循環系・生態系が破壊されている。
    しかし、コンパクト都市へという急務の課題は、政策としてほとんど議論されていない。「地球環境を守れ」とか「炭酸ガスを削減せよ」という議論はあっても、低密度都市化による危機という目の前に拡がっている大きな街づくりの課題には言及していない。私はこれが不思議でならない。』

    コンパクトシティ・スタディ

    • 2007.04.27 Friday
    • 13:40

    コンパクトシテイ

    • 2007.04.27 Friday
    • 13:37

    コンパクトシテイ

    • 2007.04.26 Thursday
    • 23:55


    コンパクトシテー論
    《コンパクト・シティ》は1959年アメリカのDantzig教授(線形計画法の創始者)によって日本に紹介された、1974年『コンパクト・シティ』は日科技連出版社より翻訳出版される。
    「多くの都市改良は、垂直の次元をもっと有効に使い、都市施設を四六時中使用をすることによって達成できる」と言うことと、「都市を棚のように重ねることによってスプロールを絶滅させる」ということがコンパクトシティの要点である。
    「直径5Kmの円形の地面の上に一つの多層都市を造って人口200万人が都市生活を営む」という提案である。